人生七転八倒

アクセスカウンタ

zoom RSS ももえサイズって一話で連載終了だよね (作成中)

<<   作成日時 : 2006/08/09 02:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

つまり選考基準上は問題ないわけだな!
・・・だめですか、そうですか。

ところでKの人にエントリー終了間際に炊きつけたら、本当に選びやがったよ! 時間切れなのに。
でも選んだ作品がアレすぎるのはさすがにどうかと。
7割くらいしか読んだことありませんよ、こんなセレクション。
さすが漫画と本とゲームとアニメの世界に生きている人は違うと思いました。

というわけで残り作品のコメントをば。
当然コレが終わったら時間切れでも残り50を選ぶわけだ。
もはや手段が目的と化してますね。


31 勇午 (真刈信二)
 交渉漫画と見せかけて、どうみても主人公拷問漫画です。本当にありがとうございました。
 いや、ホントに面白いのよ。でも「交渉<拷問」なのはどうかと思うんだ。
  ・・・・・・・!!!!

32 ヴァンデミエールの翼 (鬼頭莫宏)
 ヴァンデミエールをはじめとする自律胴人形をモチーフにした短編オムニバスの傑作。
 自由を求める人形たちの物語は、美しく、実にせつない。
 鬼才鬼頭莫宏の描く世界観とテーマにはまるがよい。
  依存の終わり 依存への依存の終わり それは個の誕生

33 妖精事件 (高河ゆん)
 未完とか未完とか♂×♂とか♀×♀とかそんな作品の中においても異彩を放つ作品。ある意味、恋愛漫画における「愛」を全否定してるともいえよう。そこがたまらん。
  
34 羊のうた (冬目景)
 傑作だらけなのに、ほとんど休載というのはどうしたものかと!
 というわけで完結してる中では、やっぱりこれでしょう。背徳感がたまらん。
 Kの人は僕らの変拍子とか言いそうですが。 

35 散人左道 (水上悟志)
 妖怪退治の伝奇モノ。だが、君が想像しているモノとは間違いなく違うと断言できる。
 絵も発展途上だし、ストーリも荒い。でも忘れていた面白さがある。そんな作品。
  なんてえろい奴だ!

36 ゲノム (古賀亮一 )
 連載中のは新だからだいじょぶ!多分。 でも旧のほうが下ネタ多いよね・・・。
 変なギャグ漫画の最高傑作。古賀ワールド全開。電車で読むと超危険。
 もしものときは生物生態の学術書と言い張ればきっと平気。
  合わせ鏡でチンコ映して 分チンの術って1人で笑った!!

37 浦安鉄筋家族 (浜岡健次)
 ウ○コなギャグ漫画の最高傑作。ってさすがにこのジャンルは苦しいと思った。
 下ネタと幼稚なギャグで好き嫌いがハッキリ分かれる作品。俺は大好き。
 頭空っぽにして笑いまくるがよい。
  ヘップバーン!

38 ストッパー毒島 (ハロルド作石)
 たぶん一番面白いプロ野球漫画。練られた設定と展開がプロ野球ファン(特にパ)にはたまらない一品。オリジナルキャラのモデルが分かればさらにニヤリ。続編マダー?
 ミスターササキの拳は 誰よりも痛く 誰よりも熱い

39 MASTERキートン (浦沢直樹)
 モスキートンではなくキートン。間違えるなよ!これ試験に出るから。
 選んでから気づいたけど、大人の事情で絶版でしたね。マンガ喫茶で読んでください。
 じっくり読みたい大人の漫画。
 
そして少女漫画
40 星の瞳のシルエット (柊あおい)
 神格化するつもりはないが、少女漫画の王道ともいえるこの作品を外すわけには。
 初恋、三角関係、友情、ライバル、部活、袴、袴。まさに王道。
 初心者も玄人さんもこの世界に悶えるべし。
  こんどは違う返事を返してくれるのだろうか?

41 ねこ・ねこ・幻想曲  (高田エミ)
 そこ!タイトルで拒否反応示さない!
 一見ドタバタコメディ。読んでて楽くなる作品。と見せかけて、不意打ちのようにハードな話も。でも最後にはやさしくなれる、そんな作品。ただの猫漫画じゃありませんぜ。
 でもルル編はどうかと思った。

42 こどものおもちゃ (小花美穂)
 少女漫画の革命とも言うべき作品。このジャンルで社会問題をテーマにするなんて普通ありえんて。日常のドタバタに潜む黒い部分が実にたまらん。

43 あおいちゃんパニック!(竹本泉)
 絵柄の壁。タイトルの壁。独特の展開の壁。越えねばならない壁は多いが、そこを超えればパラダイス。ほのぼの系なのにSFというアンバランスさがたまらん。
 作品数がとにかく多いので、初期作品にしてエッセンス満載な本作が最初の一冊としてオススメ。はまったら手当たり次第に読みたくなるでしょう、多分。
  わたしがその 異星人でーす

44 カードキャプターさくら (CLAMP)
 好きとか嫌いとかじゃない。読むんだ。その2
 少女漫画界に男性ファン(主に大きなお兄さん)を呼び込んだ革命的作品。少年漫画で言うところの聖闘士星矢か? 何か違う気がする。
 絵柄に騙されがちですが、少女愛や同性愛を前面に押し出した異端児なんですよ、本当は。
 「ナツ100で薦められてたからさぁ」を言い訳に読むといいと思う。
  よっしゃぁ!! カードキャプターの誕生やぁーー!!!

45 パタリロ (魔夜峰央)
 時代超えた不朽の名作。いや迷作か?よもや少女漫画で腹抱えて笑えると思うまい。そんな作品。というか少女漫画に分類していいのかしら?
 50作品中で唯一の連載作品。でも開始は一番昔とか言えない。
  勝ってくるぞと板橋区

46 × −ペケ− (新井理恵)
 4コマ+少女漫画=読む価値無し という時代に颯爽と現れた怪作。面白い4コマ少女漫画の歴史はここから始まったんだよ! ところで、あまりに面白すぎてこれを超える作品が出てこないんですけど? 気のせいか、手に取る人は男性のほうが多い気がする。

50作品の締めはジャンル分類不能な作品を
47 あずまんが大王 (あずまきよひこ)
 4コマ界の歴史を変えた作品。読んでいて実に楽しく、何度も読みたくなる魅力に溢れたまさに傑作。4コマでありながら、高校生活の全てを描いたストーリー漫画でもあり、読み始めると最後まで一気に読んじゃう危険な漫画。間、タイトル、台詞回しetc実に巧妙。
 食わず嫌いの人、この機会に読んでみては?
  そ! 大阪から来たから大阪! いい名前だろ?

48 ひまわり幼稚園あいこでしょ (大井昌和 )
 そ、そんな目で俺を見るんじゃない!タイトルで引くんじゃない!
 まぁ・・・普通はこのタイトルじゃ手に取らないよね・・・な作品。君たちが想像しているような本じゃないから!本当に。
 ただのハートフル漫画じゃない、心に響く物語(&コメディ)。騙されてください。
  えへへー

49 ヤサシイワタシ (ひぐちアサ)
 おお振りとは中の人が違うんだよ! 読んだら絶対そう思う作品。でもこの作者は絶対こっちが素だと思う。おお振りでいつこんな展開になるのか期待ドキドキ。
 ジャンルとしては大学恋愛モノ。でも普通じゃない。表面だけなら普通なんだけどやっぱり普通じゃない。とにかく危険。何度も読み始めたらもう戻れない。
 オススメだけどオススメできない。そんな作品。

50 進め!!聖学電脳研究部 (平野耕太)
 50番目がこれかよ! こういうところはさすがだと思った。ナイス俺。
 放置してたのにふと読みたくなって一気に読んで読んで読んでメシ食って読んで読んでウンコして読んで読んで風呂入るのやめて読んで読んでやめてお父さん!給食費だけはやめて!読んで読んで読んでうぉ!まぶしっ!読んで読んで読み終わって寝てまた放置して放置して放置してメシ食って放置して放置して放置したことを忘れてメシ食って忘れて忘れて忘れてウンコして思い出してまた読みはじめて読んで読んで。
 そんな作品。人生には本当に不要。でも突然脊髄反射でまた読み始める。
  あッそこのオマエッそうッオマエだァァオマェェッ!バッバッバズーカッバズーカ早くッバズッバズーカッだっつーのバズーカッコルトパイソンでも可ッバッバズーカッバズーカッバズーカッバッバズッー

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
羊のうたは終盤の展開が丸投げっぽい気がしてちょっと。何も出来なかったのに棚からぼた餅の八重樫さんはどうなの?フォウが死んだ後のファさんじゃないんだからさ!なので青臭さ全快でガチンコな僕らの変拍子が一番好きさ。ミソッカスもどきも出るしな!あとペケは逆に生々しすぎというか痛々しすぎて読む人を選ぶと思うんだ。私の中では酢めし疑獄が超えてくれたのでサナギさんで十分です。
Kの人
2006/08/10 02:19
 最終話一話前がラストなんですよ!最後はほら・・・フラグ不足でノーマルエンド?
例えるならZZONE選びたいのにYZONE選んじゃったよ状態。ムキー! 絶望エンドを再希望します。だが、変拍子はイエスタディに通じるものがあるんで、はじき出された羊のうたを推すということでぜ。あと入手性が微妙だと思うんだ。
 ペケは少女漫画の革命と言うことで推さねばなるまいて。痛すぎだけどな!特に後半。ソフトにアレンジすると女子高生になるのかしら。
G
2006/08/10 17:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
ももえサイズって一話で連載終了だよね (作成中) 人生七転八倒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる