人生七転八倒

アクセスカウンタ

zoom RSS まだだ!まだ終わらんにょ

<<   作成日時 : 2008/02/11 20:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も平日!(恒例の挨拶

 給与が入ったと思ったら家賃で消えたり、動産が増えたり減ったり無くしたりとか月初から慌しすぎますよファインマン先生。どうすんだよアクエリの新バーニア出るってのに・・・。
あれ?もう2月前半終わりかけ!?そんなばかな。

<俺たちの戦いはまだ始まったばっかりだ>
 物欲的な意味で。今年はまだ始まったばかりというのに・・・。
 とりあえず、1月〜2月頭で買ったコミックの備忘録だけでもつけておきます。記憶に残ってる分だけ。(発売日順 うろおぼえ)

・Kiss×sis 2(ぢたま某 KCデラックス)
 ぢたま某本領発揮。
 「まほろまてぃっく」で「エッチなことはいけないと思います!」と、本心と正反対なことを言わせて鬱憤でも溜まっていたかのように大暴走です。色々と。
 内容は双子のお姉ちゃんがキスしてきてアーッ!でほぼ説明終了。いいぞ、もっとやれ。

・仮面のメイドガイ 6(赤衣丸歩郎 ドラゴンコミックス)
 メイドはいいからもっとメイドガイを出せと(ry
 そういやアニメ化だそうです。日本始まったな。
 しかもメイドガイの兄貴は小西の力ちゃんだそうです。マジかよ?! 「ふっふぅぅぅ〜ん☆ 俺はぁ〜メイドガイぃ〜コガラシぃぃ〜♪」とか歌ってくれることにwktk
 
・アオバ自転車店 2(宮尾岳 YKコミックス)
 リニューアル第2巻ということで新規読者への様子見的な部分がまだあるかなぁと。もうちょっとはっちゃけてもいいと思うんですけどね。小野寺浩二のパロには吹きましたが。

・暁色の潜伏魔女 2(袴田めら アクションコミックス)
 そういやコミック ハイ!ってアクションコミック扱いだったんだよな・・・。180度違うけど。
 百合風味特殊能力コメディ。でもバトるわけじゃないのでインフレしなくて安心です。まだ顔見せの段階でエンジンがかかるのはこれからか? といっても傑作「最後の制服」が全3巻で綺麗に完結させたことを考えるとちょっと冗長な気がしないでもない。陸戦用ズゴングはどうかと思いました。

・魔法少年マジョーリアン 2(石田敦子 アクションコミックス)
 タイトルが全てを物語ってますね。 はい、次。
 あ、面白いですよ。面白いから困る。

・だめよめにっき(私屋カヲル アクションコミックス)
 こっちは普通にアクションコミックス。今の「こじか」よりはこっちのほうが好きだなぁ。

・どきどき魔女神判! 1(八神健 チャンピョンREDコミックス)

 八神健 大・暴・走!

 密・リターンズ(ななか6/17でも一部可)の八神健が帰ってきた!と思ったら暴走しすぎじゃね?! 同姓同名の別人かと思ったわ。
 DS最大の問題作のコミカライズなわけですが、こんな内容だったら俺DS買うね!絶対。

・PEACE MAKER 1(皆川亮二 UJコミックス)
 (俺的)ウルジャンの救世主ktkr!
 西部開拓史よりはやや現代?な世界でのガンマン×ガンマン×幼女もの。最後がちょっとアレな気もするがこれはこれで。なによりも1巻を読めば骨子が理解できる構成がすばらしい。
 月間コミック誌一般教養3単位のうちの1つ(俺リサーチ)であるウルトラジャンプなんですが、ちょっとパンチ力が落ちてきたよなぁとお嘆きの貴方に救世主光臨。これで我が軍は2年は戦える!かもしれない。読んでてなんか違和感あるなぁと思ってたらギャグコマが「よつばと!」っぽいのか。こんな画風だったっけ?

 なお、他の2単位はアフタヌーンとOURSですよね当然。選択科目はBIRZ、GUM、サンデーGX、電撃大王あたりで。あと買う勇気があるならflowers。俺にはありませんが。

・神戸在住 10(木村紺 アフタヌーンKC)
 これにて完結。いい作品でした。
 本棚にしまっているけど、ふとしたときに読み返したくなる。そんな作品。もっと評価されていいと思います。

・しおんの王 7(安藤慈朗 アフタヌーンKC)
 どうにも将棋も推理サスペンスも中途半端になってきた感じが。初期はもっと面白かったはずなんだけどなぁ・・・。
 最大の問題は棋戦が盛り上がりに欠けること。「哲也」が麻雀を知らない漫画家に作画させることで闘牌の異様な盛り上がりを引き出したのに比べるとねぇ・・・。アフタで追うだけでもういいかもしれない。

・GIANT KILLING 4(ツジトモ モーニングKC)
 今、一番面白いサッカー漫画。いや、サッカー監督漫画か?まぁいいや。
 これのためにモーニング買おうか悩んだくらい面白い。面白さのツボとしては「俺たちのフィールド」のヤマキ編あたりが近いのかしら?
 ピンチになるけど常勝無敗で天才ストライカーが居て(略)みたいなコピペ漫画はどっかに消えればいいと思います。

・7SEEDS 12(田村由美 フラワーKC)
 なんかコレだけ浮いてるな・・・。本屋じゃ買えませんよフラワーコミックスなんて!
 選民思想へのアンチテーゼと言うべき作品か?夏のAチームとBチームの対比が特に。無論Bチーム派ですが。
 そんな小難しいことは関係なく、面白い作品。純粋に続きが気になりますよチクショウめ。

・くらしのいずみ(谷川史子 YKコミックス)
 少女マンガ界の永遠の乙女、あの「谷川史子」が、青年誌に初・光・臨!で俺様 大・興・奮! 分かる人にしか分からなくてスマン。
 なんと、結婚をテーマにした連作短編ですよ。読んでて常にガード不能状態。知らない人はぜひ読んで欲しい作家です。
 しかも東京マーブルチョコレートが2/13刊行。日本始まったな。

・はやて×ブレード 8(林家志弦 電撃コミックス)
 は、話が全然進まねぇ!?

・GA 芸術家アートデザインクラス 2(きゆづきさとこ まんがタイムKR)
 相変わらずこの作者は作品を作るのがうまいなぁ・・・。4コマ+カラー+大判のメリットをフルに活用した美術学園ストーリー。いつものGA1年にGA2・3年美術部連中がクロスして盛り上がったりするけど、やっぱ闇鍋でしょう今回のイチオシは。課題と組み合わせるその発想に吹いた。あと早苗さん。
 普通に読んでも面白いんですが、美術・色彩の知識・経験があると面白さが倍増。フィキサチーフを室内に撒くとかそれなんてデジャヴ。
 ちなみに自分は油絵と木炭画派でした。油絵は最初の壁が高いけど、何度でもやり直しが聞くので意外と初心者向きじゃないかしら?手入れ怠ると画材が全滅しますが。あと絵の具が・・・高いねん・・・特に黄色と赤が・・・。逆に水彩画は一見楽そうだけどかなり手強いと思います。重ね塗りできるとはいえ一方通行だし、下書き線なんて残ったらもう・・・。ポスカならごまかせるんだけどねぇ。
 あと、木炭画で食パンって全国標準なのね。

・ぼくらの 8(鬼頭莫宏 IKKIコミックス)
 いよいよクライマックス突入か? ハワイ戦での「あの戦法」はいつかやるだろうなぁとは思っていたけど、的が〇〇さんじゃなくて〇〇だったのはちょっと意外でした。TV版のストーリーはどう考えても別物だろうし・・・。

・そらのカナタの! 2(小野敏洋 JIVEコミックス)
 バーコードファイター的な超展開を予想してたんですが、これはこれで。
 ある意味某魔女神判級に大・暴・走。いいぞ、もっとやれ。
 しっかしこの作者、ギャグとシリアスのバランスが絶妙だよなぁ・・・。

・24のひとみ 5(倉島圭 チャンピョンKC)
 読んでてニヤニヤが止まらない作品。学園教師ギャグもの・・・なんだろうか?
 これ読んでいると、なぜか「あ〜る」を思い出すんですよね。というかあの時代のゆうきまさみと言うべきか。ツボにはまる人にはたまらん作品だと思います。無論、俺はツボった。

・Holy Brownie 5(六道神士 YKコミックス)
 本誌に移籍したし、この作品ももうOURSで追うだけでいいかなぁ・・・。
 展開が遅すぎたエクセルサーガよりはよっぽど面白いんですが。

・・・あれ?ぜんぜん足らないような気も・・・。まぁいいか。


<というわけで>
 今日買ってきた「猫mix幻奇譚とらじ 1 (田村由美 フラワーKC)」と「Recht~レヒト 1 (寺本 薫 まんがタイムKRコミックス)」をこれからwktkしながら読んじゃうぜヒャッホゥ!


 俺たちの戦いはまだ始まったばっかりだ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まだだ!まだ終わらんにょ 人生七転八倒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる