アクセスカウンタ

<<  2008年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


祝! BLAME!フルカラー化ktkr

2008/03/26 00:59
でも黒一色なんですけどBLAME!って。・・・セロハンでカラーTV?

え?BLAMEはBLAMEでもブラム学園? そんなばかな。

いや・・・むしろアリかも?

アリアリー!


でも、ハードな弐瓶ファンが見たら卒倒しかねんよね、さすがに。

<これがアメリカン=スタイルだ!>
 Rの人が引越しということで、さっそく新居呪い祝いに押しかけました。デッキ持って。
 定年退職な先輩方の送別会でしこたま飲んで食ってそのまま夜10時くらいに来襲したことを新居祝いと定義するならばですが。
 一応、空の人にプレゼントを頼んでおいたらちゃんと買って渡してくれていたようです。 アクエリのパック全部1個ずつ。さすが兄さん。惚れるぜ!
 ・・・でも自分用も買って1パックで魔神転生とかイースターとか引くのはどうかと思うよ兄さん。
 ちなみにもう一人は総帥の人でした。いつもどおりとか言うな。

 で、まぁ大会用のデッキ調整も兼ねたかったので「式神デッキ」と「風雷金棒ミューズ日照り」デッキを持参して、微調整しながらデュエルしてました。ええ、最初は普通に。
 まぁそのうち、横のほうで
  フレイムセット! 合体させて16枚! 喰らいやがれッ!!
 とか
  コウモリをセット!セット!で合計20枚! 返り討ちだゴルァ!!
 とか、それなんて遊戯王?みたいな対戦してるわけですよ。
 デッキ残りよりも分厚いエフェクトコストの山とか見えた気がしました。

 そんなアメリカ人もビックリな大味な対戦は、俺様には似合わない。なにせ俺はクレバーだからな!ギャッハー!

 「あ、それガードせず魔伏せレスポンスで。俺のターン!手札20枚式神+オフェンシブペネトレイトで3発アタック!」

 「俺のターン!大祓祝詞×2 手札16枚式神を本体にカースでリチュアル!

 ・・・
 ・・・・・・クレバー?

<式神デッキ寸評>
 実験も兼ねていたので当初は色々搭載してみたわけですが、そもそもの起源な「カースリチュアル」って実は要らなくネ?という実も蓋も無い結論に。あと「大祓祝詞」も微妙か。
 実際のところ、防御&次ターン猛攻の布石な「魔伏せの法」と吸引力が違います万能掃除機「式神”百式”改」でかなりの部分をカバーできるようで。
 攻撃面も「ホーンドラゴン」がやはりベストかなぁと。ペネが強力なだけでなくオフェンシブで攻撃のたびに1サイズパンプできるのがかなり効果的でした。色的には緑と組みたい所なんですけどね。

 ネックはブレイクスルー。「ジャンヌ」だけでなく「ハニエル」に速攻されてもきつい。多分「リチャード」もか?
 2F確保しておけば「魔伏せの法」→次ターンに「幣巫女」でF確保して素or反魂で「美鈴」降臨 とか 「薫」セット→「ホーンドラゴン」セット→このターンで決める! とか反撃したりもしてたんですが・・・こういう時に限って「ネームレス」が居ない罠。黄はパーマネント用のF稼ぎキャラだけでいいかも?
 とかやってたら、大会は定員オーバーで乙 ただでさえも日曜くらいしか休めないというのに! 神奈川って恵まれて無いよなぁ対戦環境が。ンッガッグッグ
 どうせまたいじるだろうから現状の構成を公開

キャラクターカード 30枚
2 《歩き巫女》
4 《眼巫女》
3 《造酒童女》
4 《羅盤師》
3 《未亡人》
3 《ホムンクルス・メイド》
3 《ネイティブシャーマン》
4 《シビュラ》
4 《鬼導師》

ブレイクカード 14枚
4 《幣巫女》
2 《巫女“熱田 静”》
3 《式神司“安倍 薫”》
3 《式神“百式”改》
2 《現巫女“厳島 美鈴”》

パーマネントカード 3枚
3 《ホーン・ドラゴン》

プロジェクトカード 4枚
2 《大祓祝詞》
2 《反魂の術》

ファストカード 5枚
2 《魔伏せの法》
3 《送り雛》

汎用空きスロット 4枚

手持ちに「魔伏せ」が2枚しかないので「大祓祝詞」で代用。あとで差し替え。
ドローが少なめなのは「魔伏せ」で補充できるため。「百式」の素体が少なめだが、「薫」エフェクトで生成できるので問題ない。
 隠者限定なら「薫」と「美鈴」を各1枚追加+尼2枚
 通常戦だと「熱田」と「送り雛」を各1枚追加+結界符2枚
あたりを検討。圧縮ジャンヌは魔伏せで凌げ・・・るといいな。
 ミリアム? そんな人居ません!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ずっと3月のターン

2008/03/15 19:30
<すごいだろ・・・まだ半分も終わって無いんだぜ>
 3月的な意味で。
あまりの新刊ラッシュに何を買って何を買い忘れてドレが面白くてドレをもう買わねぇよウワァァァァンだったのか分からなくなりそうです先生。そんなコミック備忘録。

猫mix幻奇譚とらじ 1 (田村由美 フラワーKC)」
 とらじかわいいよとらじ。まぁ人間大のネズミを頭から丸齧りするわけですが。
 タイトルは猫mixの「とらじ」だけど主人公ではなく、あくまで語り部。日記の回想という体裁をとっているので時間軸を自在にずらせるギミックを搭載。1話目に華のある話で惹きつけておいて、以降、時間軸を戻して世界説明に移ることで飽きさせずに読ませる構造は上手いわ。OVAロードス島とかもこうだったよなぁとふと思った。FSSほどブッパしてないのでご安心を。
 悪の魔法のネズミにさらわれた息子を救う父パイ・ヤンと猫mixとらじの冒険譚・・・って書くと3流ファンタジー?とか誤解されかねないのが残念。
 テイストを無理やり伝えるとしたら・・・聖剣LOMの「サボテンくん」日記?

Recht~レヒト 1 (寺本薫 まんがタイムKRコミックス)
 未来の管理世界+使い魔モノ。1巻時点では少年と少女(型CS≒使い魔)の成長物語だが、ここからどこまで世界が広がるか期待age。世界変革まで突き抜けて欲しいところだがどうか。
 キャラの魅力や絵柄、骨子となるシナリオは好印象。ただ、4コマメインだったからか動きがぎこちないのが勿体ない。今後に期待。

東京マーブルチョコレート ハロー、グッバイ、ハロー。 (谷川史子 ワイドKC)
 うきゃ〜〜〜〜〜(左にごろごろ)わきゃ〜〜〜〜〜(右にごろごろ)
 超こっぱずかしいわ! だがそれがいい。
 ボーイミーツガールな映像版のプレ話なので、そっち見て無いと「え?この後どうなるの?!」みたいなやきもきも加速。・・・はっ!? それが戦略か!?
 コレだけでも谷川節前回な傑作なんですが、できればDVDとセットで。というかこれを特別版特典とかにすりゃいいのにね・・・。

バイオメガ 4(YJコミックス 弐瓶勉)
 ぎゃーーーーッ!買い忘れてたぁぁぁぁ!
 買ってきます。

蟲師 9(アフタヌーンKC 漆原友紀)
 語るまでも無いですよね。はい、次。
 物語に仕込まれたこの微妙なシニカル感がたまらん。

未来日記 5(角川コミックエース えすのサカエ)
 相変わらず作りがズルすぎる!(褒め言葉
 読んじゃえば「ああ、なるほどな」と思うわけですが、毎度毎度続きが気になる構成なので、「ひどい!でもまた騙されちゃうわ!」な購買中毒性が。ずるいや!
 あ、内容が面白くないとか言う意味での騙しじゃ無いです。
 ヤンデレで有名らしいですよこのヒロイン。よく知りませんが。由乃の怖さって性格面とか思考回路とかじゃなくて、「普通の人」ってことだと思うんですよ。スポーツ万能とか超能力とか殺し屋(藁)とかじゃなくて。日記よりよっぽど怖いわ!だがそこがいい。

シスター・ルカは祈らないで!! 1(角川コミックエース 竹内元紀)
 超・くだらねぇwww!!(褒め言葉
 作者を知っていれば「いつもの作品」という言葉だけで通じる、そんな内容。
 変態シスター姉と妹と変態悪魔と変態天使と下らないギャグと親父ギャグと小中レベルの下ネタでボケの洪水。読者がボケに突っ込む暇なく次々とネタが投下されて気がついたら1話終わってるという実に弾幕が厚い作品。中身は無いわけですが。
 ネタのボリュームがすごいので、読み終わるまで3倍くらいのパワーが必要。ゲノムのネタを薄くしてグロック18でフルオート射撃しましたーみたいな。(当たらない
 で、読み終わった後、「俺はいったい何していたんだろうか?」と自問すること請け合い。「悩みなんてどうでもいいやーアハハハハ。」とハッピーになれる・・・かもしれない。

くらくらくー 1(角川コミックエース 天津冴)
 これもくだらねぇwww!!(褒め言葉
 帯と表紙と過去作からちょっとエッチなラブコメ風ライトバカファンタジーみたいなのを想定してたんですが・・・。あ、基本線は合ってました。ちょいエロラブコメのところが。まぁいきなりヒロインに射殺されるんですけどね、主人公。
 魔女が人間のパートナーと不幸を解決する話とか書くとスゲー普通に聞こえるけど気のせいだよね。根底にシリアスな要素はありそうだけど、基本はラブコメ&おっ!おぱっ・・・オパオパ? ライトに読めてわりとオススメ。

まじもじるるも 1(シリウスコミックス 渡辺航)
 こいつもくだら・・・あれ?面白いんじゃね?(褒め言葉
 召喚された魔女が主人公と魔法のチケットを使って修行をこなしていくけど実はチケットは主人公の命で・・・という話。あれ?これってデジャヴュ?!  もう一冊買ったかと思ったわ。
 基本線はすげー下らない設定&展開なんだけど、随所の隠されたシリアス感が絶妙で続きが読みたくなる良作。シリウス掲載作なのに珍しいとか言うの禁止な。相変わらずこの雑誌はごった煮すぎる。

トライガンマキシマム14(YKコミックス 内藤泰弘)
 これにて完結。
 OURS掲載時はスペースの関係かちょっと詰め込みすぎな感があったので、ラスト手直しするかなぁと思ってたらそのままでした。まぁこれはこれで。
 当初から宿命付けられていたとはいえ、スケールを大きくせざるを得ない展開は賛否あるかと。根底の部分は1vs1でLove&Peaceで変わってないんだけど・・・横からの茶々が多すぎた気がするんですよねぇ。このあたり、話云々は置いておいてヘルシングは魅せ方が上手いよなぁと。
 後で一気に読み直すとまた感想が変わってくるかもしれないのでこれから篭ろうと思います。ウィーヨッシャァ!

怒 トリコロ 特装版(電撃コミックス 海藍)
 メディアワークス氏ね!死んでしまえ!
 まぁamazonや有隣堂クラスの本屋はおろか、地元の「バンブーブレードじゃなくて天体戦士サンレッドを特集」「佐原ミズ特集と見せかけて夢花李特集」してるナイスな本屋ですら予約不可(というか入荷未定・詳細不明)な時点で嫌な予感はしていたんですが・・・。出荷量どれだけだよメディアワークス・・・。
 さすがにヤバイと思ったのか重版→3月末に出荷とアナウンスが出たものの・・・ホントに手に入るのかコレ? やっぱり「よつばとひめくり」が売れ残りすぎ(略
 まぁ、フィギュアやストラップみたいなグッズならともかく、「作者の作品」が付随するモノを少量限定生産すること自体が異常だけどな。とりあえず評価は買ってから。
 あ。ちなみにその本屋、昨日は「五十嵐大介特集」してました。コアすぎるわ!

電撃テンジカーズ 1(電撃コミックス 古賀亮一)
 古賀亮一キタコレ!! 相変わらずの超くだらなさが病みつきに。
 1話まるまる下らないネタとギャグとボケとツッコミの洪水・・・ってさっきもそんなフレーズあったような。あっちがフルオートのハンドガンならこっちはバズーカか?なぜか連射可能な。
 とにかくネタの宝庫。3倍の労力で読みきれるかどうかすら怪しい。読んだ後何も残らないかもしれませんが。

げぇぇ関羽。 これだけでまだ2月後半分なことに絶望した。3月分はまた後日。


<圧縮ゥ!圧縮ゥ!>
 ジャンヌ大回転デッキは考えなくも無かったんですが、隠者限定しか想定してなかったんで「キュベレイ」&「ネームレス」+ジャンヌで、序盤にジャンヌをダメ送り→キャラアタックでダメ蓄積&ネームレス+キュベレイのシンクロで圧殺みたいな妄想どまり。ネーム搭載数がネックというオチ。
 で、巷で話題の圧縮ジャンヌデッキ。どこ圧縮するのよ?とか思ってたら・・・そうですね、通常構築なら何の問題も無かったですね、はい。
 そんなわけで、遊びついでに手持ちで軽く組んで回してみたわけですが・・・あ、こりゃダメだわ。ブッ壊れてるわ。
 風雷とか美鈴とかシルマリルとかが帰れ!言われてるのは、あくまで試合で戦って、ゲームとして成り立つ中で「カードパワーが強力」だからだと思うんですよ。風雷はコストに対しての能力で、4F級は能力そのものが。
 場に出すまでの状況はイーブンなので、攻め手はどう展開するか、受け手はどう防いで反撃するかという勝負であり、そのこと自体は別に普通の試合と何ら変わらないわけで。ただ、特に風神はコストパフォーマンスとリスクに対するリターンがでかすぎるのが問題という認識は変わってませんが。金棒が使えるということもありますね。
 で、圧縮ジャンヌデッキ。これってある意味ルール外というかシステム破綻じゃね?と。本来の対戦って「両者が同じくらい場を展開して、同クラスのキャラをどうやって倒すか」だと思うんですよ。それを有利にするために▼展開や1F0C高速ブレイク、速攻イースター・反魂、エクリスキップやスクロール詠唱が有効なるわけで。
 が、このデッキだとそれらをすっ飛ばして、相手が「キャラのみorかろうじて軽ブレ数体展開してる場」に「攻撃パンプ+ブレイクスルー」なキャラで攻められるんですよね。しかも何体も。
 ハンドガン構えて、敵と相打ちするか仲間を呼んで有利な陣形組むかと悩むはずが、いきなりドーラからぶっぱされて死屍累々・・・みたいな感じか?
 無論、防ぐことは全く不可能というわけじゃないですが、そのためには相当メタらないと無理だし、そもそも反則みたいなデッキをメタるのはどうなんだか・・・。風雷メタとかだったら別に変とは思わないんですけどね。単なる緑メタの延長線上だし、カリカリチューンしない限りルール内での汎用性ありますし。
 ・・・どうすんだろコレ。

 あとタッグトーナメント用デッキを現在検討中。トータル15ダメor一方がデッキアウトで敗退ってことだが・・・片方が10ダメ達したらどうなるんだコレ?それによってデッキ選びが相当変わるからなぁ・・・。ジャンヌ?知らん!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


俺の屍を越えていけ!(花粉症的な意味で

2008/03/13 22:44
やっぱり小学校に自然林があって杉の木だらけってのはよくないと思うんだ。と当時の自分を殴ってやりたい。あと、授業ブッチして毎度毎度校庭10週走らされてるなよ、とも。

こんばんみ!花粉はトモダチ!コンゴトモヨロシク。ガンダウルフです。死ねばいいのに。

<今日は休み。理論は知ってる。>
 なんか今日、休みが取れました。ヒャッホゥ!これは休日を満喫せざるを得ない!
 ちなみに去年の祝日は3日も休めました。すごいや! まぁ、そのうち1日は元旦なわけですが。 
 というわけで気合入れるために目覚ましセットですよギャッハー。

 ・・・なんで昼過ぎなのWHY?

 仕方ないので、掃除して洗濯してそういや靴もヘタってきたなぁと思ったので靴買いに行って3足買って2足処分してアレ?なんか増えてね?とか思ったり思わなかったり。さすがに10足越えだすと置き場がヤバイdeathね。
 で、車洗ってamazonに買い物に行って実家に荷物届けてamazonに買い物に行って夕飯作ってamazonに買い物に行って休暇終了。うん、満喫。

<そんな金あるならアクエリ買おうぜ>
 は名言だと思った。さすがすぎる。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


式神 降神ッ!!

2008/03/09 20:01
陰陽大戦記はやっぱ面白いと思うわけですよ。
・・・誰も同意しないけどな。

そんなことをボーッと考えてたら電波受信したのでデッキを組んでみた。

名づけて「式神フォーエバー’08」もしくは「ウホッ!いい陰陽司」

キャラクターカード 30枚
3 《歩き巫女》
4 《眼巫女》
4 《羅盤師》
2 《未亡人》
3 《ネイティブシャーマン》
3 《妹姫》
3 《鬼導師》
4 《シビュラ》
4 《バーキープ》

ブレイクカード 16枚
4 《ペリ》
2 《巫女“熱田 静”》
3 《式神“百式”改》
4 《式神司“安倍 薫”》
3 《宮廷道化“ネームレス”》

パーマネントカード 2枚
2 《ホーン・ドラゴン》

プロジェクトカード 5枚
2 《大祓祝詞》
3 《カース・リチュアル》

ファストカード 7枚
3 《魔伏せの法》
4 《送り雛》

「魔伏せの法」で大量ドローして式神作って殴って黄3Fあったら「カースリチュアル」でブンなげて「薫」のアビリティで回収。相手の速攻は・・・「ネームレス」・「式神」・「魔伏せ」で何とか。一応「百式改」さえ立てればエクリもデジフューもエフェクトキャンセルも防げる!・・・といいな。

っていう夢を見た。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


明るさの限界を突破

2008/03/08 02:01
なぜかSFC版T・オウガが出てきたのでBGM代わりにミュージックモードを起動してみるテスト。
・・・一応ウラ技扱いなのかコレ?
タイトルとコメントのカオスさが最高すぎる。

<エマージェンシー・マーチ>
 今月発売のコミック一覧を眺めてたらスゴイことに気づいちまったぜHeHe

 ・・・軽く20冊超えそうなんですけど?

 こいつはヤバすぎるッ!(F91的な意味で

 まぁ今月最初に買ったのが「みつどもえ 4」な時点で終わってる気がしますが。

<ただし通常ショットは尻から出る>
 リリカ的な意味で。
 なぜか東方花映塚のネット対戦が盛り上がってます。局地的に。
 神主Verのときは設定が面倒すぎてやる気が起きなかったんですが、いつの間にかadonisなる新ツールが出ていて対戦がおきらくごくらくに。かかってきやがれ!もっこもこにしてやんよ><

 現状は難易度HARDorLUNAでガチバトル+観戦アリ がデフォになりつつ・・・ってきついわ! 毎回脳汁ドッパドッパ出てマス。
 あと誰も4強(巫女、レザマリ、こまっちゃん、みょん)を触りません。触ると逆に負けるとかどうよ?
むしろ最弱と評判(とは思えんのだが)のH人気に嫉妬。開花合戦でエライことに。てゐ使うなって!チルの使えよ!お前チルノ好きだろ!
 ゆうかりん、あやや、みすちー、黒てゐ、すーさんあたりをぐーるぐーる回して遊んでます。 

 あとリリー空気嫁。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


そして時は動き出す。

2008/03/06 19:54
あ…ありのまま週末起こった事を話すぜ!

「先々週末に『隠者の森』持って我が家でアクエリしてたと思ったら、先週の土曜夜もアクエリをやっていた。」

な…何を言っているかわからねーと思うが(中略)もっと恐ろしい物の片鱗を味わったぜ……

そんな週末でした。

・・・バイツァ・ダスト?!

<で、テストカードはもういいから本物の隠者の森の発売マダー?>
 で、話はアクエリ「隠者の森」の緑カードというか具体的には風神様

 対戦したり、自分で組んだり、仮想敵として風雷金棒デッキ組んでシミュレーションしてみたりしたんですが、どう考えても「本気でテストプレイしたのかこれ?」としか言いようがないです、ハイ。
 アンコ扱いというのは無関係。レアとの差は入手率だけなんだし、揃えられる以上はレアリティの差は無い。
 スキル持ちに無敵な3F級の”温羅"、ガチ殴り上等の4F級の"シルマリル"、色違いだが精神無効&万能カウンターの赤4F”美鈴” あたりも「ぶっ壊れてる」とか「メタ必須」とか散々に言われてますが、そんなこと言ったら"真由美”とか”ジリアン”出されて”温羅”と同じこと言うのか?と。
 4F級に言及するのは論外。事故率の高さとリスクからすれば今までが弱すぎたくらい。それに弱点も多い。また、隠者限定でも4F級は”美鈴”“アラエル””シルマリル”で3すくみだし。

 風神さまの最大の問題は「2F2C」もあるけど「セット時にアビリティが発動」することに尽きるかと。
 まず問題なのは「全体パーマネント剥がし」
 これまで「全体パーマ剥がし」の代表は赤の「天女の羽衣」だったわけだが、剥がれたカードはデッキに戻るので再セットされる可能性がある。パーマ1つ捨てるファスト・エフェクトはあるが、コストパフォーマンスが微妙で、カウンターされる可能性もある。「ミューズの森」でも剥がせるが、手札にバックするので時間かせぎにしかならない。
 が、”飛”はセットするだけで全部剥がせる。当然自分のパーマも剥がれるが、パーマに頼らないデッキにしたり、剥がした後に自分だけ付けたりすれば問題ない。つまり、ほぼ「ノーリスクでアビリティが発動」し、カウンターが厳しくパーマネントが必須に近い隠者環境では、場合によっては試合が終わりかねないという。
 もし本気で全体のカード設計をしたなら少なくとも「2F2C級のアビリティ」としては積まないと思うのだが・・・。

 そして、大問題のセット時に「パワーが精神に等しいキャラのパワーを手札に戻す」アビリティ
何が問題かというと、セットするだけで「擬似1コストエクリスキップ+α」が得られること。つまり「精神1キャラはパワー剥がし&横取りし放題」、「前ターンに支配したキャラもパワー剥がし&横取りし放題」、フル刺ししてるであろう「補給キャラ」「メインブレイク」「エフェクトでのサポートブレイク」が無力化、と軽く列記しただけで問題なのが分かる。しかも「エクリプスと違い瞬間」かつ「ハロウィンナイトと違いターン継続」なので場の支配率が圧倒的に。どんだけやねん。
 しかも雷神と違いネームキャラも対象なのでフル刺しが事実上不可能。仮に手札に持って無くても「あるかも?」と想定されるだけで強力なロックに。問題ありすぎ。

 多分、設計時に「風神だから風でカード剥がれるのがいいよね!」みたいなノリで作られたんだろうけど、イメージはともかく本気で調整したのか?と。「白デッキはエクリプス必須」「緑もハロウィン4積み常識」の意味を分かってたらこんなカード設計にはしないと思うのだが・・・。「2F2Cで場を支配できる」危険性を分かってるんだろうか? 2F2C級筆頭の「ラプンツェル」「熱田」だってこれには全然及ばない。

 エフェクトとアビリティを逆にすればかなりマシなんですが・・・むしろ妥当か。
 セット時に「互いの手札を捨てる」あるいは「刺さってるパワー枚の手札を捨てる」アビリティ
 2コストくらいで「パーマネント全てを捨て札」エフェクト と
 4コストで「フル刺ししているカード全部を手札に戻す」エフェクト
 あるいは非ネ−ム限定で組み合わせか。 まぁそこまで変えるなら使用禁止にして「無かったこと」にとかのほうがマシかもしれない。・・・まるで厨二病ですね><

 実際、隠者限定戦の対戦結果を見ていると、「風神雷神デッキ」vs「風神雷神のメタデッキ」だったりしているようで、もう何が何だか。それってもはやデュエルじゃ無くなってね?みたいな。
 さらに「赤反魂美鈴デッキ」が入ってきたりすると混沌の3すくみに。風神がこんな設計じゃなきゃここまで酷い状態にならなかった思うのは言い過ぎか?

 エラッタ出すにせよ、禁止にするにせよ、放置するにせよ、少なくとも「Saga3の寿命を縮めた元凶」とならないことを祈るばかりです まる。

<風神録!風神録!>
 同じ風神様でもこっちはちょっと辛めのSTG(HARD以上限定)な風神様。あ、でも今回HARDはかなり楽だった気も。がしがしボムが撃てるのは実に幸せということですね。
 
 で、まぁ・・・未だに霊夢CだけEXたどり着けないわけですが。いくらなんでも攻撃力無さすぎデスヨ! どうしたもんだか・・・・。

<花映塚!花映塚!>
 いまさら花映塚でネット対戦してます。シンプルだからすげー楽しい。
 でも持ちキャラが最速の天狗最遅の花妖怪なのは自分でも極端すぎると思った。

 あと、遊び方をすっかり忘れてて、自分のリプ眺めてたんですが「常に画面上半分でKIAI避け」ばかりしてるのはさすがにどうかと思った。まる。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


<<  2008年3月のブログ記事  >> 

トップへ

人生七転八倒 2008年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる