人生七転八倒

アクセスカウンタ

zoom RSS 貴様は今まで買ったコミックの数を(略

<<   作成日時 : 2008/04/30 23:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今までどころか今月すら怪しいです先生!

なんかアクエリ地獄ですっかり忘れてましたが3月購入コミックのレビュー続編からズーーーッム・・・・インッ!!

<って言いたいところなんですが>
 書いてる余裕が無いので印+αだけで勘弁な!
○宙のまにまに4(アフタヌーンKC 柏原麻実)
 4巻まで部長が男だと思ってなかったのは俺と君との秘密だ☆

◎ミミア姫2(アフタヌーンKC 田中ユタカ)
 昨今稀に見るハイ=ファンタジー作品。連載再開オメデトウございます。
 は、早く続巻を・・・。

△3月のライオン(ジェッツコミックス 羽海野チカ)
 んー・・・? 世間の評価はどうか知りませんが、微妙な作品としか感じなかったです自分。
 確かに作品としては水準以上なんですが、この作品を読みたいっつー魅力が無い気がするんですよね。作者名隠して初見で大絶賛・続巻購入決定!とはとても思えない。俺なら「しおんの王」を推しますね。もしくは「ハチワンダイバー」

◎鋼の錬金術師19(ガンガンコミックス 荒川弘)
 これだけ巻数重ねても面白いのは素直に賞賛。
 ハガレンってある意味ジャンプ漫画の対極に位置してると思うんですよ。次々と強敵を出してそれを消費して話を進めるんじゃなく、終着点を示しておいて、そこに至るために必要な要素を投入しては消費していく・・・みたいな。週間漫画なら10週は持たせられそうなネタを1話で使い切ったりとか、すげーゴージャスなんですよね。初期の「3x3EYES」みたいな。それが19巻も続いてるんだからとんでもないわけで。

◎碧水惑星年代記(YKコミックス 大石まさる)
 SFオムニバスの俺的最高峰。SF=すこしふしぎ な!
 がっちがちのハードSFでも竹本泉作品ほどユルユルでもない まさに「すこしふしぎ」な世界へようこそようこ
 オムニバスなのでどっから読んでもOKですぜ旦那。HeHe

○ユーベルブラット7(YGコミックス 塩野干支郎次)
 これ読んだあと「ブロッケンブラッド」を読むと、同姓同名の作者っているんだなぁと実感できます。
 え?同一人物? そんなばかな。

○看板娘はさしおさえ3(まんがタイムKR 鈴城芹)
 読んでてじわじわ来る作品。キター!じゃないんですけどね。
 質屋一家+1人?の日常4コマ。萌えに走らなかったのが個人的にはGood。
 まぁ「ななはん」くらい走られるとそれはそれで。
 十代かわいいよ十代 180歳ですが。
 でも十歳で世を去ったから十代とかいう当て字はどうかと思います!

○ユリア百式6(ジェッツコミックス 萩尾ノブト) 
 相変わらずくだらねぇwwww(褒め言葉
 プロレスネタでゲハゲハ笑えるとさらに倍増。そういやタモリ倶楽部のジャーマン祭は最高でしたね。

○スケッチブック5(BLADEコミックス 小箱とたん)
 シュールネタ率が減ってちょっとがっくりな5巻。
 涼風コンビの出番をもっともっと!

◎となりのネネコさん2(ウンポココミックス 宮原るり)
 Webだけでいいやーとか思うべからず。というかWeb掲載分なんてほとんど無いうえに加筆修正されてて夜も安心だNE☆
 話の面白さもあるんですが、この作者ってキャラ展開が上手いんですよね。予想を裏切るというかメリハリをきっちりつけるというか。ネタキャラだけ出しておけばキャッチーだけど話は進まないわけでそのあたりのバランスが絶妙なんですよね。オヌヌメ。

あ、DMCとかドージンワークとかバンブーとかは(略

・・・4月まで辿り着けませんよ?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
貴様は今まで買ったコミックの数を(略 人生七転八倒/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる